ニュースについて

「ニュース」では、ライプニッツ研究会が開催する「ライプニッツ研究会」、セミナー、読書会などの「ライプニッツ研究会」の催しのご案内、および、活動報告を中心に掲載します。他の学術団体におけるライプニッツ哲学関連の催しも随時掲載いたします。

・「ライプニッツセミナーのお知らせ」を更新しました(2011月10月25日)。
・トップページ「研究者紹介 田子山和歌子」を更新しました(2011年3月31日)。

ライプニッツセミナーのお知らせ

ライプニッツセミナーを下記の日程で開催します。 NEW 
 
  
    ライプニッツ研究会 第4回シンポジウム
     バークリーとライプニッツ
       ――17世紀における法則理解――
  
      17世紀西欧の法則概念をめぐる混沌とした世界に、
      形而上学の観点から初めて切り込む

  

中野 安章  Yasuaki Nakano (ダブリン大学 トリニティカレッジ )
バークリー『運動について』における「力」の概念の批判

田子山 和歌子  Wakako Tagoyama ( 慶應義塾大学 )
ライプニッツにおける法則理解 ―実体論の観点から―

17世紀ヨーロッパにおいては、自然科学の発展に伴い、法則概念への哲学的関心が高まっていました。法則とは何かという問題は、イギリス経験主義、大陸合理主義を問わず多くの哲学者の間で議論されました。
法則概念の形而上学(存在論)的基盤はどこに求められるのでしょうか。今回のライプニッツシンポジウムでは、このような切り口から、イギリスを主たる活躍の拠点としたバークリーと、フランス・ドイツで活躍したライプニッツの法則概念について、それぞれ、中野と田子山が報告します。

日時/2011年10月29日(土)15時〜
於/慶應義塾大学 三田キャンパス 南校舎 441号室

主催/ 慶應義塾大学「論理学とフォーマルオントロジー」オープンリサーチセンター
(Open Research Centre for Logic and formal Ontology, Keio University )
お問い合わせ/ ライプニッツ研究会 コーディネーター 田子山和歌子 (japan.leibniz.symposium@gmail.com)
ライプニッツ研究会 (http://leibniz-japan.seesaa.net/)

>>報告者(中野、田子山)の発表レジュメはこちらをクリック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。